農園で白黒マルチを張る

農業

元ひきこもり無職歴15年。

農園で障害者雇用で働き始めて、はや2年9ヶ月。

いちご栽培の1年間の作業工程も、だいぶ覚えてきました。

本日は、高設ベンチに白黒マルチを張りました。

白黒マルチ

白黒マルチとは、表面が白色、裏面が黒色のマルチです。

表面の白色は、日光を反射する効果があります。

害虫さんの抑制をしてくれます。

裏面の黒色は、日光を遮る効果があります。

地温の上昇を抑制してくれます。

また、雑草も抑制してくれるという、とっても頼りになるマルチです。

白黒マルチを、この道具にセットします。

セット完了したら、おもむろに白黒マルチを引っ張って行きます。

この道具には、カッターが付いてます。

白黒マルチが引っ張られると同時に、カッターがマルチに小さな穴をあけてくれます。

この道具の名前は知りません。

私は、マルチに穴をあけるやつ、と呼んでいます。

マルチをする方法

いちご栽培で、高設ベンチにマルチをする方法は2つあります。

  1. 定植前に白黒マルチを張って、マルチに穴を開けて、いちごの苗を定植する
  2. いちごの苗を定植後、白黒マルチを上からかぶせて、穴を開けて苗を出す

うちの農園では、2の方法をとっています。

このように。

定植した後の高設ベンチに、白黒マルチをおんどりゃあ!とかぶせます。

別に無言でも大丈夫です。

苗を穴から出す

マルチに穴を開けます

↓↓↓↓↓↓↓

苗を穴から出します

苗を穴から出す際に、葉っぱや花芽を折ってしまう場合があります。

慎重に作業をしていても、ポキっとやってしまいます。

折れてしまったものは仕方がありません。

とにかくどんどん苗を穴から出していきます。

マルチ張り完了

どうにか、何ごともなく!マルチ張りを終えました。

実によく張れています。

このいちごの苗たちも、まさか自分が障害者に穴から出されたとは夢にも思いますまい。

心なしか、きょとんとしてます。

 

うちの農園には、ビニールハウスが3棟あります。

その内の2棟は、白黒マルチ張りが完了しました。

残りの1棟は、まだ張っていません。

実は来週の5日間、うちの農園に興味がある障害者さんが実習に来られます。

その実習の時に、その方と一緒にマルチ張りをやろうかなと考えています。

なので、来週までマルチ張りはお休みです。

また明日も、いちご栽培がんばります。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


ランキングに参加しています。

応援クリックしていただけると嬉しいです。

とても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました